場所がないなら壁にかければいい!ちょっとおしゃれに宙に浮く本棚を購入してみたので感想レビュー!

格安で壁にかけるオシャレな本棚を購入しました!

最近の僕の悩みは、増えすぎたたくさんの本でした

ブログを書くための本や、就活のための本、自分の興味関心のある分野の本など、家中本だらけ!

マンガ本棚はもういっぱいなので、小説や真面目な本を置く新たな本棚が欲しいな〜と常々思っていました

しかし、僕の家は1Kのかなり狭い部屋。。。もう本棚を置くスペースもないから諦めて、机の上に重ねて置いてましたが。。。

めっちゃ倒れてくるやん!(・_・;)

見た目もぐちゃぐちゃだし、なんかスッキリしないなぁと不満だらけでした

そんな時目がいったのは、周りの何もない真っ白い壁たち

地面周辺という平面の視点で見るのではなく、お部屋全体という空間の視点で見ると1Kの部屋であろうともかなりの空きスペースがあることに気づきます

ならば、本棚を浮かせてしまえばいいじゃないか!ということで買ってきました宙に浮く本棚!

SHIRAI ウォルクス 壁掛けラック WLK-3040BK

DSC_2211_Fotor

ドン!組み立て完了!ネジを4つドライバーでグリグリするだけで簡単でした♪

黒を基調とし、左右両側はベージュ色も入っていてオシャレでいいなぁ、という感じですね

これ¥2,280と格安なんですが、木の質感もなめらかで全く嫌な感じがないです!

・耐重量 4kg
・幅42,2cm×奥行18,5cm×高さ28.9cm

これだと少し大きなカバー書もすっぽり入って、取り出しやすくていいですね。
他にも同じシリーズで、大きさが異なる本棚もありました

宙に浮く本棚の壁への取り付け方法

宙に浮く本棚と聞いて気になるのが、この本棚ってどうやって壁にくっついてるんだ?
積荷重量は何kgまで耐えられるのか?本当に耐えられるのか?と様々な不安が湧いてくると思いますので、購入者なりの実感値について解説していきます

まず、壁に専用の紙を貼ります。この紙があることで本棚をズレることなく宙に浮かせることができるようになります

その紙の指定された位置に、下の画像のような留め具を釘3本で打ち込んでいきます

この釘はかなり小さな釘で、壁に穴をあけてもほとんどわからない程度の釘穴でした

また僕は、耐重量が心配だったのでネジも入れました!
(壁に穴を開けたくない人はネジを入れなくても大丈夫です)

DSC_2217_Fotor

次に、本棚の背面に下の画像の白い留め具をつけます。この留め具は、裏側で非常に取り付けづらかったキャップでとめられています。

非常に取り付けづらかった=非常に取れにくい、ということで安全面でもそこまで問題ないと思われます

DSC_2216_Fotor

この2つの留め具を、下の画像のように組み合わせます!
合体です!

この合体によって、本棚の重力は2つの留め具へと分散されます

本棚側の留め具と、壁側の留め具の2つです。これによって、耐重量4kgを実現しているのです!!

1076098

地面にスペースがなければ、壁を活用してみては?

DSC_2221_Fotor

破格の安さでオシャレな、壁にくっつく本棚

ぜひ、これを使ってお部屋のスペースを有効活用してみては?

紹介したのはブラックですが、白とブラウンもあります

いい記事!と感じたらみんなにシェア