カードが飛び出す小さな皮財布「SECRID」を購入しました。これでもう財布を失くさない!

世界最小級の革財布「SECRID」が使いやすい

本日も「Vistorie」を読んでいただきありがとうございます。
Verdi(@history_contact)です。

先日、財布を失くすという大ショックを経験して、どうすれば財布を失くさないようになるかを考え抜きました。

その結果、SECRIDという小さな財布を使うことで、落としにくく、かつ落とした時の被害を最小限にする戦略をとることにしました。(落とし物タグMAMORIOでも良かったのですが、スマホの電池が減るのはヤダな〜と思い辞めました。)

今まで使っていたのは黒の長財布だったのですが、SECRIDにすることで持ち歩いてる時の管理が格段にラクになりました。これでもう財布を失くさないぞ!

ちなみに、SECRIDのことは僕の好きなブログ’monograph‘で紹介されいたのを見て知りました。ちょうど小さな財布が欲しかった時に見つけたので良かったです。

SECRIDのスゴイとこ① 圧倒的に小さい

まずSECRIDのスゴイ所は、圧倒的な小ささです。僕がこれまで使ってきた長サイフと比較しても、現在サブで使っている折りたたみ財布と比べても本当に小さいです。

これだけ薄くて小さければ、ズボンのポケットにも入れられるので失くすことはありません!コートやジャケットにも入れられるので、管理が本当にラクですね。

SECRIDのスゴイとこ② カードが飛び出してくるのでラク

支払いの場で、いちいち財布からカードを取り出すのは本当に手間ですよね。ちょっとハミ出したカードの部分を頑張ってつまんで、取り出す。この作業をよりシンプルにしてくれるのがSECRIDです。

上のgifのように右にサッと1スラッシュするだけで、カードが飛び出してきて瞬時に使えます。(gifはゆっくりめですが)収納も片手で挿し直すだけなのでラクラクです。

一番ラクな支払い方法は、スマホの電子マネーなのですが、SECRIDのカードスラッシュはその次にラクですね。

SECRIDのスゴイとこ③ オランダ製でオシャレ

SECRIDは、オランダの会社で作られた商品です。それだけでもう日本人があまりもっていない稀少性が確保されますが、さらに世界三大のデザイン賞の1つ、レッド・ドット・デザイン賞を獲得しています。

美しい本革のデザインと、横にスラッシュするだけでカードが飛び出してくる独特の設計は、オランダならではだなと感じます。

SECRIDの僕流の使い方

僕は、SECRIDはよく使うカード数枚&マネークリップとして使っています。

多くの人が、たくさんのカードを持ち歩いていますよね。でも1週間で実際に使うカードは多くても3,4枚程度です。

なので、1週間に頻繁に使う数枚のカード(僕はSUICA,クレジットカード,キャッシュカード,学生証)だけSECRIDに入れて、他のたまに使うカード類はサブの財布に入れています。

サブの財布は普段カバンに入れているため、うっかり落としてしまうこともありません

またSECRIDはマネークリップとしても使えます。支払いの場でクレジットカードが使えない!と知っても焦ることはありません。(ただ、小銭を入れるスペースはほとんどありません。僕は大人しく、あとでサブ財布に入れ直してます)

オランダの小さな財布、SECRIDをみなさんも使ってみてくださいね。

【SECRIDは現状、日本では楽天の以下の店舗でしか取扱がありません。ですが、以下の店舗でも青色の在庫がないので僕はアメリカのamazon.comから購入しました!発送まで2週間かかりましたが、送料も無料でしたよ。】

いい記事!と感じたらみんなにシェア