【ネタバレなし】公開初日に映画「聲の形」を見てきたので感想レビュー♪「君の名は」に負けるな

映画「聲の形」の感想は、「スッキリまとまった感動作」

映画「聲の形」を公開初日に見てきました♪

かなり満足のできでしたので、感想レビューしたいと思います。

入場者特典は、Special Book!

dsc_3081

池袋の映画館に声優さん・監督さんのサイン入りポスターもありました。

koe_no_katachi

ちなみに、原作を半年前くらいに全巻読みました。内容は薄っすら覚えている程度で映画館に臨みました!

映画「聲の形」の超簡単なあらすじ

耳が聞こえない障害を持って生まれたヒロイン西宮硝子は、小学生の時にいじめられていた。

その首謀者こそ、主人公の石田将也。小学生の彼はアホでしたので、罪悪感なしでやりたいことやっちゃってました。

その後、逆いじめに合って心を閉ざしがちになってしまいます。

そんな時に高校生になって新たに西宮硝子に出会った主人公は・・・?

心がヒヤッとする、人間関係が壊れていくようなシーン満載だけど、心があたたまる作品ですね。

映画館では「笑い声」が起きるほどの人気!

c2bc35dc

長束くんが相変わらずやってくれましたね。彼は声がつくと本当に面白いです!

映画館で、みんなが声を抑えられずに笑っちゃうなんて日本では珍しいことだと思います

笑いが適度にある映画はやっぱり素晴らしいです。

でも、シリアスシーンになると急に映画館らしく静やかに。。。メリハリがあって、雰囲気がとても良かったです

映画「聲の形」の総評!

総評としては、結構いい!レベルですね。

映画の長さもダラダラしすぎず、笑いの量も素晴らしい、そして感動。

泣いている女性の方も多く、初見の人は絶対楽しめる!原作派の人は、大幅に後半の巻がなくてちょっとガッカリ。。。

といった感じですかね。

やはり京アニということで背景・描写など完璧でしたね。そちらに時間を割きすぎて、原作の途中で噺は終わってしまいましたけどとても気持ちいい終わり方でした!

個人的には「君の名は」に負けないでほしいなぁ〜(´ε` )

いい記事!と感じたらみんなにシェア