社長自らのプレゼンで分かったTOKKUN ENGLISHの強み3つ!無料説明会に行ってみた感想♪

TOKKUN ENGLISH無料説明会に行って、マジで通いたいと思わされる

TOKKUN ENGLISHの新宿校が、2018年の2月に開校した記念に、社長自らが無料説明会を行っていたので、参加してみました!

私は最近、仕事で英語を使う機会が多く、それについていくのに必死です。

でも英語の勉強って本当に面倒くさいし、やる気が出ないんですよ。よ〜し、今週こそはやるぞ!と思っても、いつの間にかゲームしたりTV見てたり。ラクな方向に逃げがちなんです。

でもいよいよ私も社会人1年目が終わり、「英語難しくて、仕事できません〜。お客さんや、海外販社の人が何を言ってるかわからないから、会話できないし、議事録も取れませんでした〜笑」が許されない世界になってきます。

これは本当にマズいなと思っていたころ、Newspicksで英会話スクール行かなくても死ぬ気で自学学習やれば英語は本当に伸びるぜ!って記事を見てしまい、コレだ!と思った次第です。

さて、社長の岡田さんが行ってくださった無料説明会へ参加した感想としましては、通いたい!と割りと本気で思わされてしまいました。

今回の記事では、TOKKUN ENGLISHの良さについて少し感想を書いていきたいと思います。

1. 英語をやらなければ恥ずかしい極限に追い込まれる環境になる

TOKKUN ENGLISHの最も素晴らしいと思った点は、コレに尽きると思います。

死ぬ気で英語を勉強することになる。

私も含め、人間って本当に怠惰な生き物です。面倒なことはやりたくない。英語をやらなければならない環境下にいるはずの私ですが、それでもやらないんですよ!?(必要に迫られてやらない私にも問題アリですが。。。)

2017年の5月から、英語を使う仕事環境下にいながら、私は結局、今日までほとんど死ぬ気で英語は勉強しませんでした。ココ最近は、微塵も英語なんてやってません!笑

でもTOKKUN ENGLISHでは、専属のコンサルタントが私達1人1人に付いて、熱心に英語の勉強に付き合ってくれます。

具体的には、1週間のうち毎日英語を3時間勉強できるように事細かにコンサルタントと一緒にスケジュールを組みます。そしてそのスケジュール通りに、ラインで「今リスニング始めました」「今、リスニングえ終えました」「今からリーディングやります」と逐一報告します。

これ、もし1人で英語勉強していてスケジュール立てても、「もうちょい寝たいから、今日はいいや」が1週間続くでしょう。でもいい距離感の他人が自分の勉強に介入してくれることで、「ヤバイ、やらねば。」となるわけです。

朝6時に置きて勉強する予定なのに寝ていて連絡しなかったら、コンサルタントに見透かされちゃいます。

2. 応用言語学に基づいて、個人に合う英語勉強プログラムを提示してくれる

次にいいのは、自分に合った英語学習プログラムを提案してくれて、その通りやれば必ず伸びるとコンサルタントの方が自信を持ってくださることです。

私も含め、多くの英語学習者はた〜くさんの英語教材を家に抱え込んでします。ネットで必死になって評判の高い英語教材を調べて、その活用方法を必死に調べても、なぜか途中で投げ出しちゃうんです。

なぜなら、この勉強方法で合っているのか自信がないからです。がむしゃらにとりあえず、やればいいのですが、英語ってすぐに結果がでないので、よりこのまま勉強していて大丈夫かな?と不安になってしまいます。1度不安を抱けばもうお終いです。あんま効果出ないし、辞めちゃおとなります。

でも仮にもコンサルタントを名乗る、英語のプロが本当に自信を持って英語勉強プログラムを組んでくださるので、受講者としてもとりあえず、これを2ヶ月やれば変われるんだ!と疑うことなく勉強に専念できます。

実際に説明会では、社長の岡田さんが応用言語学にもとづいて、どのようにその人にあった教材を選ぶのかについて細かく教えてくださりました。

例えば、英語のリスニングができない人の多くは、「音声知覚の自動化」ができていないと岡田さんは言います。頑張って英語の音の繋がりを聞こうとした後、我々は脳のデータベースにアクセスして、その音の意味理解へと繋げます。

しかし音声知覚、つまり英語の速い音の繋がりを聞こう聞こうと、集中しすぎてしまうと、意味理解まで頭が回らずにパンクして、リスニングができないのです。

だからこそ日本語のように、聞いているようで、事細かくは聞いていない、音声知覚の自動化をできるようになることがリスニングの近道です。そして、音声知覚の自動化は、「シャドーイング」をひたすら練習することで必ず伸びると断言されます。

例えば、通訳スクールに通っている人たちなどはひたすらにシャドーイングを勉強しているといいます。確かに、あの人達こそ究極の音声知覚の自動化を実践している人たちかもしれません。(通訳って、Aさんの言いたいことをまとめて、Bさんに伝える仕事。つまり、意味理解がKeyですもんね。)

こんな感じで、なぜあなたはこの勉強をやらなければならないかを事細かく理由付けまでして、勧めてくださるので、自信をもって疑いなくその勉強に集中できるのです。

3. 定量化したデータを持って、成長度合いを教えてくれる

英語勉強の不安要素って、「この勉強方法って本当に大丈夫かな?このまま多大な時間を割く価値ってあるの?」と疑問に思ってしまうことです。(疑惑を抱くが最後、勉強を辞めちゃいます)

さっきも書いた通り、応用言語学に基づいて、その人にあった勉強方法を提示してくれるのはもちろんのこと定量化したデータをもって、どれくらい成長しているのかを教えてくださります。

具体的には、リーディングしたページ数と時間を測って”word per minute”を出し、それが平均以上なのかなどを教えてくれます。

他にもスピーキング中の単語の数と時間を測って、”word per minute”を出し、これもまた平均と比べてどんな状態なのか教えてくれます。

こういった数字で、成長度合いを示してくれるので、モチベーションを保ちやすいです。

まとめ コーチング英語学習塾は、英語を本気でやらねばならない環境を作ってくれる

TOKKUN ENGLISHなどのコーチング英語塾の良い点って、「英語学習への本気度を作ってくれる」ことだと思います。本気で一緒に2ヶ月間の勉強をサポートしてくれるので、恩を返すという意味でもやろう!と思わせてくださります。

それに、コーチングのお金もなかなかバカにならない金額しますからね。(お金払ったから、やるしかないというケジメもつきます笑)

TOKKUN ENGLISHの無料説明会では、実際のコンサルタントの方が簡単な英語テストを元に自分に必要な英語の勉強法を教えてくださるので、ノウハウを聞き出すだけでも良い機会になると思います。

ぜひ、下のリンクボタンより、無料説明会を体験してみてくださいね。

いい記事!と感じたらみんなにシェア