就職活動の情報収集におすすめな7つのサイトや本!必要最低限の企業情報はネットや本で揃ってるよ

17卒の就職活動解禁前夜!僕の企業情報の集め方を公開

あと数時間で、17卒の就職活動が始まります!僕も、いよいよ就活モードです!

さて、就活は自分の人生の大きな岐路に立つとともに、社会とのつきあい方を本気で考えることができる貴重な時期です。
しかし物事を考えるには、情報が必要です

就活生に職場情報開示 来月から法律で義務付けという記事が最近出たように、就活においては学生と企業の間で情報の非対称性が生じています。もちろん、企業側にも他者との競合との関係から開示できない情報があるのは仕方がないですが、にしても情報量は多くありません

それでもより多くの情報を求めて、就活生は動きまわらなければなりません。

そこで!今回は、ともに就職活動をする仲間であるみなさんに僕が使っている企業情報・就活情報を得る手段をご紹介していきたいと思います!

Vorkers

shuukatsu-how-to-get-info_1

まずは、就活において気になる働いている企業の人の生の声。人事を通して発言される説明会の情報は、良い面ばかりを強調している可能性がありますからね。ミクロの視点で企業を見ることは非常に重要です。

そこでおすすめしたいのがVorkers!
Vorkersでは、企業を退職し転職しようとしている人たちが、以前勤めていた企業の情報を自分の言葉で書いてくれているサイトです!

基本的には、転職者向けのサイトですが、学生でもVorkersが提携する他の就職サービスに登録すれば期間限定で利用することができます!

残業時間や、有給消化率、年次に対する給料、評価制度、社風などの雰囲気まで細かに数多くの意見が掲載されているので、非常に有用です!もちろん、ここでのコメントは退職した人の目線から語られることってのを忘れてはダメですけどね。

News Picks

shuukatsu-how-to-get-info_2

以前の記事でも学生が1ヶ月有料サービスをタダで利用できる!と紹介したNewsPicksですが再掲します!

企業で働く人は、どのような視点でニュースを見ているのかがNews Picksのコメント欄を見るとわかります。

特に、就活関連のニュースのコメント欄では、企業で実際に働く人・経営者の就活論・採用論が載っていることが多いです。なるほど、多くの社会人が就活でのありきたりなエピソード、ありきたりな就活生に飽き飽きしていることがよくわかります。

そういったコメントを参照しながら就職活動の臨み方・ESの書き方を決めていくと良いでしょう。

また、企業情報を検索するにも長けているので、News Picksは企業と人の両面から情報を得られる良いサービスだと思います

外資就活ドットコム

shuukatsu-how-to-get-info_5

外資就活ドットコムは、名前だけだと外資系企業に就活したい人が見るサイトなのかな?と勘違いしちゃいそうですが、ちゃんと日系企業の情報も掲載されています。

それだけでなく、このサイトに載っているコラムや就活への心構えなどが非常に快活でわかりやすく、ためになります。砕けた言葉で書いてあるコラムもあるので、読みやすいし納得できるものばかりです!

ぜひ、就活への向き合い方に迷われた方はコラム読んでみてください!

SPIノートの会の、多くの企業のSPI情報が乗った本

割りと知らない人が多いSPIノートの会。SPIは足切り程度、と思って軽く見ていると普通に落ちるみたいです。(笑)

大学の試験勉強時に志望大学のテストの傾向を丹念に研究したように、SPIでも各会社がどんなテストを使用してくるのかを知った上で対策する必要があります。

どの企業がどの採用テストを用いているのかが一発で分かるこの本は絶対に買うべきです!

傾向がわかっていると、テスト直前に見直しして大幅に点数取れますからね〜

各企業の公式HPの「IR情報」や「投資家の方へ」ページ

shuukatsu-how-to-get-info_4

意外と多くの人が見てない公式HP。その中でも採用情報だけでなく、IR情報。つまり投資家たちへ向けられた企業情報を見たほうが良いです。

たとえ財務・会計の知識がなくても、決算説明会資料のpdfファイルは誰でも視覚的に見やすいように作られているので読みやすいです。また、意外と重要な企業戦略が書いてあったりします。

さらに、財務諸表も読むとなお良いです。役員の給料、社員への支払い給料、残業時間などがきちんと書いてありますし、その他売上、利益の情報も読み解ければどのようなビジネスモデルで会社のお金が廻っているのかを理解することができます。

みん就

shuukatsu-how-to-get-info_3

地味に役立つのが楽天が運営するみん就です。

あまり盛り上がってはいないですが、みん就の掲示板はたま〜に見るとよいかと思います。匿名制なので誤情報、煽りなどが横行して2chのような雰囲気になっていますが、中には本当の情報もあるはずです。

特に説明会への服装や、選考結果の連絡方法、連絡がいつ来るのかなど、地味に知りたい情報がたまに載ってます
が、情報の信頼性は本当に担保されていないので、ネットリテラシーが必要ですね。

また、内定者日記に載っている情報も参考にならないわけではないので気休め程度に見るといいです!本気で見ても、内定者とあなたは根本的に違う存在なので真似しようとは思わないことですね。

会社四季報、業界地図

最後に、会社四季報と業界地図は誰でも買うとは思いますが一応ご紹介しておきます!

会社四季報は、各会社の離職率、平均給料、残業時間など就活生なら誰でも知りたいであろう情報が載っているので買っておくべきです。ネットと違って、本なのでパラパラ読んでる途中で意外な企業との出会いがあったりもしますからね!

あと、業界地図は視覚的に各企業が業界が置かれている状況がわかりやすく、紹介されているのでこれを読んでおくと企業選択の幅が広がります!

最後に、企業情報収集において大事なこと

Artificisal-intelligence

最後に就活における情報収集において大事なことを述べておきます。

タイトルで最低限の就活情報はネットや本に転がっていると書きましたが、本当に企業での働く環境が自分に合っているかどうかは働いてみないとわかりません。インターンをしてもOBOG訪問をしてもわかることはほんの一部です。

ですから、あまり気負いすぎずに、でも真剣に自分の将来を見つめて、就活をすることが大事なんだと思います。

一緒に就活、頑張って乗り切りましょ〜!

いい記事!と感じたらみんなにシェア