就活にも役立つ!超具体的な大学生にオススメなEvernoteの使い方10選【Evernote歴1年】

超具体的な大学生がやるべきEvernoteの使い方

こんにちは、Verdiです

実は僕、Evernoteを使い始めて早1年となり、いまやこれなしには生きていけない!というほど重宝しています

今回は、そんなEvernote歴1年の僕から、大学生なりのEvernoteの使い方はどうするべきがオススメかについて書いてみようと思います。特に後半の内容は就活にかなり役立ちますのでぜひぜひ読んでみてください!

結論からいうと、Evernoteは日常で忘れがちな大切なことをストックしておく第二の脳です!

みなさん、日常を生きている中でふと、素晴らしい気づきをたくさんしているのに、人間の脳はそんなことまで記憶できるほど精巧にはできていません

ですが、Evernoteは日常の小さな気づきを忘れずに保存しておいてくれるまさに第二の脳なのです

またEvernoteはパソコンで書いた内容をすぐに同期してスマホでも同じ内容を見ることが出来るという点でも便利です。いつでもどこでも、好きなように考えを保存できるのです

そんな、僕なりのEvernoteの使い方10選をかなり具体的にご紹介いたします

1. 自分が気になっていること・ものをまとめておく

あ!あそこに行ってみたいな。このTVで紹介されている料理美味しそうだな。この本読んでみたいな。

日常の中で、人間は様々な欲求が湧いてきますよね

ですが、そんな日々の小さな欲求ってすぐに忘れてしまうことが多くないですか?

「あれ〜、こないだTVで紹介されていたあそこに行ってみたいと思ってたんだけどどこだっけ・・・」となり、結局いつものいきつけのお店に行ってしまったり、と。

でもそういう小さな欲求に答えてくれるのがEvernoteです。

行ってみたい観光地、行ってみたいお店、見たい映画、聞きたい音楽、読みたい本、買いたい商品。。。

などなど、僕は小さな欲求の全てをEvernoteに保存しています

具体的にはこんな感じ

Evernote_Basic

「興味のあるキーワード」というノートブックの中に、「旅行」「音楽」「欲しいもの」などのノートを入れています

これで、TSUTAYAなどに行った時に借りたいDVDで悩むこともなくなり、時間の節約にもなってます☆

2. 授業の内容や読書の内容をメモ

みなさん大学の授業の内容って思い出すことが出来ますか?

どんなに真剣に受けていた授業であっても、ほどんど内容なんて全く覚えてないのでは無いでしょうか?

もちろん、興味がなかった授業のことなど覚えてるはずもないですが、興味があって面白いなと感じた授業の内容を思い出せないのは非常に不幸なことです

そこで僕は、この先生が話す内容は面白いなと感じた授業はなるべくEvernoteにメモるようにしています

正直、発生による情報は量が多くて、メモるのも大変なのですが、大学教授ほどを集めている職業はありません。その先生が発する知識がいつ役に立って、いつ振り返りたくなるかわかりませんからね

また、テストの際にもこのメモは非常に役立ちます

先生がテストに出す内訳としては、プリントにメモ書きされていること70%と、先生が授業中に強調して話したこと30%が体感的にほとんどです

よく、授業を聞いてなくて一部の問題が解けなかった〜という人は、先生が話した内容を忘れているのです

良い評価のGPAが欲しいと思っている人は、授業内容をEvernoteでメモ書きするといいですよ!

具体的にはこんな感じ

Evernote_Basic

授業のメモ書きは大変ですが、やるだけの価値はあります!ただ座ってるだけではもったいないですよ

3. ふと思いついた良いアイディア

2015-01-20-IdeasMakeorBreakYourBusiness

僕は、実は将来色んな夢があります

小説を出してみたかったり、ビジネスを1つ立ち上げてみたかったり。。。

でも小説もビジネスもふと思いついたアイディアが元になって生み出されるものなんです

何もないところからアイディアは生まれず、日々接する様々なモノから生まれてきます

ですが何気ないアイディアはすぐに忘れてしまうのです。夢の内容を思い出せないのと似ている気がします

そこで、僕は小さなアイディアも忘れないようにEvernoteにストックするようにしています。基本的に、後で振り返ると「なんだこれ」と思ってしまうようなアイディアばかりですが、そんな中にもキラリと光るアイディアもあるものです

また、ブログ記事何書こうかなと迷わないように、ブログネタ帳ノートもEvernoteに作っていますね。ブログ記事のいくつかは、このネタ帳から生まれてます。

例えば、前回の林先生が絶賛していた地元北九州の鰻屋さんの記事も、11月くらいに見たテレビが元で作られた記事です。11月に、帰省した際には鰻屋さんに行ってブログ記事を書くんだ!とEvernoteにメモっていたからこそ記事を生み出すことができたのです。

(ショボいアイディアばかりだけど、一応僕だけのアイディアということで画像は貼らないようにしておきます)

4. テレビや本で見た面白いなと感じた知識

知識というものは、一朝一夕で身につくものではありません。忘れては覚えて、の繰り返しです

その繰り返しをする場所として、僕はEvernoteを選びました

日々、本やテレビ、ネットニュースなどを見ていて「これ知らなかった!」、「この知識は覚えておかないと」と思うことが多いのですが、どんなに印象的なことでも忘れてしまうことが多いです

ですが、それで本当に忘れてしまっては非常にもったいない

だから、振り返りの場としてEvernoteに面白いと思った知識はまとめておくようにしています

後で振り返って、やっぱりこれ面白いなぁと思うことを繰り返して知識は身についていくものだと思います

具体的にはこんな感じEvernote_Basic

他にも「TVで得たおもしろ知識」というノートブックもあります笑

5. 電子チケットの内容をストック

interactive-electronic-ticket2

かなり限定的ですが、実用的です

最近は何でもインターネットで航空券や高速バスチケットを購入できるようになりました

さぁ、空港でチェックインだ!って時に「アレ・・・確認番号ってなんだっけな」と焦ることのないように僕はEvernoteに全ての電子チケットの内容を控えておくようにしています

他にも、飛行機やバスの発着時間、日時はいつだったかな?と意外と忘れると困るようなこともメモっておけば、スマホからパソコンからすぐに確認できて凄く便利です!

また、インターネット通販で購入した際に表示される控え番号も一応スクショして保管しておくようにしています

就活生にオススメのEvernoteの有効活用方法

Job-Hunting-500x334

さぁ、いよいよタイトルどおり就活生ならではのEvernoteの使用方法について書いていきます

企業研究、面接で話すこと、自己分析で大活躍するEvernoteの使い方を教えていきます!

6. 就活に役立つ会社の記事をストック

これは就活生全員におすすめしたいEvernoteの使い方です

就活中は、気になる企業が多数あってその会社のことについてたくさん調べると思います

僕もそうなのですが、気になっている企業に関するニュースなどは目につきやすいです

そんな気になっている企業のニュースをEvernoteにストックしておいてみて下さい!

それがそのまま企業研究につながることもありますし、面接のときの話のネタにもなります

例えば、気になっている企業が新たに買収をしようとしているニュースがあって、それに関連して社員という1個人はどう感じてますか?などという時事的で具体的な話もできるかと思います

面接前に、ストックしておいたEvernoteのニュース記事を振り返っておくことで、その会社のことをあらためて理解し直す機会にもなると思いますので、ぜひやってみてください!

7. 各会社に提出したESの内容をストック

新卒就活生はだいたい60〜100社にESを提出するというデータがあります

みなさん、それぞれの会社の質問や雰囲気にあわせて若干提出したESの内容を変えて頑張って提出していると思いますが・・・

その提出したESの質問とその答え、覚えていますか?

ESが通過して、1次面接に突入した際には面接官は提出されたESをもとに応募者の人柄や考え方、志望動機、頑張ってきたことなどを探っていきます

全ての面接での会話は提出したESを基本に進んでいくのに、提出したESの内容を覚えてないとどんな質問が来るのか予測もできずかなり不安になるかと思います

特に、面接に向かう途中の電車の中は特に落ち着かないですよね

そんな時は、ES内容を保存していたEvernoteを見返して来るかもしれない質問や、持っていきたい話の方向性などを考えておくと不安も少しは解消されて面接でも話がうまく進むと思いますよ!

8. 心に響いた名言をストック

心に響いた名言というのは、自分の生き方に方向性をもたらしてくれると前回の記事で書きました。

ということで、僕はいいなと思った名言はEvernoteにストックしています

どの名言も今でもそうだよな、と頷かざるをえない僕にとっては説得力のある言葉ばかりです

他の人にとっては違う考えかもしれませんが、少なくとも僕は共感しているという事実がある

その考えに共感しているということは、自分は名言の内容と同じ考え方をして生きているということです

つまり、名言を振り返ることで自分を知ることが出来る。自己理解につながるのです

迷った時、辛い時、どうしたら良いかわからない時はストックした名言集を振り返って初心に戻るようにししています

具体的にはこんな感じ

Evernote_Basic

9. ツイッターでのつぶやきを自動保存

Evernoteではtwitterでのつぶやきをツイエバを使って自動保存することができます

twitterでのつぶやきがいかに重要かは、ブロガーであり元マッキンゼー社出身のちきりんさんの本「多眼思考」という本を読んで気付かされました

この本はちきりんさんがtwitterでつぶやいた2万7000もの言葉から厳選した300個のみを載せただけの本です

この本は、いわばtwitterでの文字を載せただけなのに、著者ちきりんさんの思考や思想が見えてくるのです

最近は就活において企業が受験者のSNSを検索するとよく言われていますが、それもSNSがその人の思考や行動パターン、興味関心を俯瞰して読み取りやすいからなのです

逆にいうと、twitterのつぶやきは自己分析・自己理解にも使えます

自分は今までの人生で何に興味があったのか、何を考えてきたのか。
twitterをよく使う方は、Evernoteでその内容を振り返ることで自分が見えてくるのです

具体的にはこんな感じ

Evernote_Basic

10. 自己分析のための、自分のことの気づき

バイトをしている時、道を歩いている時、自転車に乗っている時、お風呂で髪を洗っている時。

「自分ってこういうところあるよな」と感じること、あると思います

それが悪いことであれ、良いことであれ、自分なりに分析した上での自分という人間の気づきであるならばEvernoteでメモしておいたほうがよいです

そういった日々の小さな気づきは自分を理解する上で非常に役立ちます。
特に、体験したことがベースになってその体験を通じて感じたこと、は絶好の自己分析機会になります

例えば、

僕はおせっかいだ
だって、相手の立場になって物事を考えてしまうから

ゆえに、相手からすれば、そんなことあなたが考えなくてもいい!とおせっかいな人だな全くもうと感じてさせてしまうこともある

そうならないように、なるべく人の世話はしすぎない方がいいのかも

でも、ここぞというときに、おせっかいになりすぎない範囲で。助言を与える

というメモ書きがあります。
走り書きなので日本語が少しおかしいですが、ここから僕は「相手の立場になって物事を考えすぎ」ていて、「その事がときに他者に嫌な気分」を与えてしまうことがあるから、「自省しなくては」という気づきが得られます

こういった積み重ねが自己理解につながっていくのではないでしょうか?

よければ、Evernote使ってみてくださいね

さて、Evernoteの僕なりの使い方10選を紹介してきましたが、これだけでなくあなたが使っていく内に新しい使い方がひらめいていくはずです

自分らしいEvernoteの使い方発見のためにも、まずはメモ帳代わりにEvernoteを使ってみては?

71Fl_HeBgmL

いい記事!と感じたらみんなにシェア