アニメFate/Zeroの疑問点を解説!小説でしか知り得ないキャラの心情や新事実を色々とまとめてみた〜3巻〜

アニメだけでは味わえない!小説版のFate Zeroを読んでわかった新事実!

3巻の見所は、、、なんといっても聖杯問答

2巻の感想・解説はこちら

本記事該当対象
・文庫本原作:3巻
・アニメ:7話途中〜12話初め

切嗣の起源弾の正体とは?

a33

切嗣は、「火」と「土」の二重属性をもつ魔術師です
それぞれ、「切断」と「結合」としての属性です

それは破壊と再生・・・ではなく、糸を切断して再びつなぐ、ようなイメージです
再びつないだ糸は、元通り「再生」したのではなく、太い結び目に「変質」したのです

これが切嗣の魔術師としての起源です
対象に不可逆な「変質」をもたらすのです

そして起源弾は、彼の魔術師としての本質を存分につぎこんでいます

脇腹の肋骨を左右とも切除し、摘出した骨をすりつぶし魔術で加工して49発の弾丸に封じ込めました

彼の起源がつめ込まれた弾丸を魔術行使をもって受けると、
対象の魔術回路を「壊し」、「紡ぐ」

つまり、相手の魔術回路をぐしゃぐしゃにしてショートさせているのです
(相手が起源弾を受けた際の強い魔力を流しているほど、魔術回路は壊れます)

これが彼の起源弾の正体です!

なぜギルやセイバーはイスカンダルの聖杯問答に答えたのか?

c20120224_fatezero_10_cs1w1_720x

それは3人とも王としての誇りがあるからです

それぞれ譲れない王の形、つまりは覇道があり、
その信条を同じ王を名乗る相手に言葉で認めさせ屈服させることができれば、
彼らにとって相手を倒したも同然なのです

ゆえに、雑種を嫌うギルも聖杯問答の席についたということです

 

まぁ、結局三人ともバラバラの王の形を示し、喧嘩別れに終わりますが・・・笑

こういう、剣ではない言葉による闘いもまた熱いですよね!

セイバーの示す騎士としての王道に、イスカンダルが白けた理由とは?

20111211131815ebe

イスカンダルは明らかに、セイバーの王道に対して否定的でしたよね
ギルは完全に呆れを通り越して、その哀れみを愛でていましたが・・・笑

セイバーは、「自分の過去の行いに後悔をしていて、聖杯の力で過去の運命を変えたい」と発した瞬間にギルは笑い、イスカンダルは叱咤しました

セイバーとしては、「王はその次代の臣民が理想とする騎士の姿を見せることで民を治めなければならない」と信じている。
王の全ての行いは、民草のために行わなければならない、ある意味臣民に忠実な犠牲者なのです

ギルは「そんな大きすぎる理想は成し得ることができない。そんな理想を本気で目指そうとし苦悩するセイバーは実に哀れで愛らしい」と思い笑います

イスカンダルは「王とは民に欲望、夢の形を見せることで民を導くことができる。確かに、治めるだけならそれでいいが、民を導くためには理想をみせるだけではダメだ」と思い哀れみます。

根本的な考え方が、三者三様異なるが故に生じたセイバーとの衝突なのです

三者が治めた時代はズレが有り、それによって臣民の求めるものも異なるためどれが正しいとはいえないです

ましてや、現代の我々の価値観でどれが正しいかなんてことを判断などできませんよね

セイバーが聖杯問答で押し負けたのはなぜか?

20111211142622666

セイバーの王道が間違っているから、負けたのでは決してないです

セイバーはライダーに自信のなさゆえに押し負けただけなのです

彼女は彼女の王道をもってして国を正しく治められなかったという負い目があり、

イスカンダルとギルは自分の王道を持ってして国を正しく治められたという自信がある

ゆえに、セイバーは反論できずに今にも泣きそうな顔をしていたのです

己の言動に誇りと自信をもてるかどうかって、大切ですよね

イスカンダルが固有結界を維持している凄さについて

20111211133014217

アニメでアイリスフィールがアイオニオン・ヘタイロイを見て

「固有結界ですって、そんなばかな。心象風景の具現化だなんて!?」と驚いているのには理由があります

それは、固有結界を維持するには魔力をとんでもなく消費するからなのです

原作でアイリは「あなた魔術師でもないのに・・・」と続けます

つまり、キャスターのクラスほどの魔力がなければ固有結界など維持できないということなのです

なのにイスカンダルが固有結界を維持できるのは、彼に忠誠を誓った臣下の心は死してなお時空を超えて馳せ参じ、彼の臣下一人ひとりが魔力を持った英雄として固有結界を維持しているのです

彼の臣下は、それぞれイスカンダルの死後に名を上げ英雄として名を馳せた英霊なのですから、魔力量も半端ではありません

孤高をよしとせぬイスカンダルならではの、臣下と作る固有結界なのです

 

各陣営の聖杯を求める理由一覧

e4f9520bb88ba9cde9aeef1c6d5a849d

アーチャー陣営
遠坂時臣:魔術の真理である、根源への到達
ギルガメッシュ:この世すべての財を統べるモノとして自分の知らないところで、
自分の宝物の一つである聖杯の所有権を奪おうとすることを良しとせず参戦

ライダー陣営
ウェイバー・ベルベット:自身の魔術戦争での勝利によって、自分の魔術の才能を他社から認めてもらうため
イスカンダル:受肉

セイバー陣営
衛宮切嗣:人の命を平等に救いたいという理想を叶えるため
アイリスフィール:切嗣の思想に共感し、共に誰も悲しまずにすむ世界を求める
アルトリア:祖国の救済。自分の国が滅びる運命を変えたい
アインツベルン家:当初は魂の物質化という神の業を求めていたが、千年間の探求の末、聖杯を手に入れることがゴールになってしまっている。長きに渡る探求に意味を見出すために聖杯を求める

ランサー陣営
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト:自身の魔術師としての経歴の総仕上げとして最後の箔をつけるため
ディルムッド・オディナ:?

アサシン陣営
言峰綺礼:聖杯を求めてはいないはずだと自覚し、困惑・・・
ハサン・サッバーハ:?

キャスター陣営
雨竜龍之介:30人ほど殺して、「死」を疑似体験することに楽しみをあまり見いだせなくなり、新たなCOOLを求めて召喚の儀式を行ったことで聖杯戦争へ偶発的に参加した
ジル・ドレイ:聖処女ジャンヌ・ダルクの復活のため

バーサーカー陣営
間桐雁夜:魔術師(間桐臓硯)という汚れた存在から桜ちゃんを救うため
ランスロット:?
間桐家:?

小ネタ

三巻は戦闘描写が多すぎて、あまり小ネタが見つかりませんでした!

アニメFate/Zeroの疑問点を解説!小説でしか知り得ないキャラの心情や新事実を色々とまとめてみた〜4巻〜

2015.11.09

次回は盛り沢山なので、そちらに期待してください!

いい記事!と感じたらみんなにシェア